それが「Re: CREATE CULTURE」と言われるビジョンの本懐です。

そんなビジョンに共感し、共に理想の未来を追いかける企業やエージェントでアライアンス(同盟)を組み、

誕生したのが

Universe of Visionary(ユニバース オブ ビジョナリー)
と呼ばれる、企業群体なのです。

すこし、聞き慣れない言葉を始めにお伝えしていますがしっかりとついてきてくださいね。

今回僕は、あなたにお見せしているフィルムを通して、

『あなたが経済的に自由になり
 この世界を一つずつ変革させていく』


ということを成し遂げようとしています。

簡単に言えば、あなたにビジネスで成功してもらおうと考えているのです。

もちろん、その先のビジョンも僕にはすべて見えていますが、その話はこれから追って詳しく伝えていければと思います。

まずはじめに先程お伝えした

Universe of Visionary

ですが、
約4年前から仕組みの構築を始め、今では一年で30億円を生み出す集団に成長しています。

これは個人の集団ではなく企業としての集団です。

ただ、後で詳しく説明しますが、

いま現在30億円もの金額を生み出すこの集団は、はじめ世界の誰からも認められることがないちっぽけな集団でした。

それこそ、すでに成功している起業家の先輩方からは鼻で笑われるようなそんな存在だったんです。

しかし、いまその先輩方は僕達に一目を置くようになりました。

というのも、
あれから約4年の歳月をかけ、
僕はこのUniverse of Visionaryシナジー効果をより生産的に高める事にだけ注力し、

とうとうたった一つのことに集中するだけ
参加者全員がエスカレート式で経済基盤を構築し、
夢を叶えて本物の自由を掴むことが出来る
アライアンススキーム(仕組み)の構築に成功したからなのです。

あなたには、このスキームを提供することで【人生のチャンスを掴み、本物の自由を手に入れてもらう】提案をさせていただきます。


もちろん、今の段階で

『あなたに経済基盤を構築させる』

『既に30億円の収益を手にしている』

『誰でも自由になれる』


なんて言われてそうそう信じることはできないと思いますので、いまは疑いの目を持ったままでも構いません。

ですが、これからあなたにお送りしていくフィルムを見るごとに僕の言っている意味や、
今はまだわからない部分がまさに霧が晴れるように理解できるようになり、

明確に自分の資産を構築できる手段やこれから先の日々のイメージを獲得できることでしょう。

それだけの自信が僕にはあります。


ただ、何も口で言っているだけでは意味はないと思いますので、

僕が言っている、

『あなたが確固たる経済基盤を構築して、その先にある“夢を追える自由な日々”を獲得してもらいここから世界を一つずつ変革していく。』

という言葉が、
【本物】なのか【ニセモノ】なのかはぜひあなたのその目で判断してみてください。

今回の「Re: CREATE CULTURE」というビジョンを共有してもらうためにあなたに見ていただいているフィルムですが、

ビジョンの説明やUniverse of Visionaryという企業群体の説明が少し難しいので、噛み砕いてあなたにわかりやすく理解してもらうために、インタビュアーを呼んで対談形式でお伝えできればと思っています。

また、フィルム内で使われている言葉は起業家どうしで通じる専門用語などが出てくることがあり、初見では理解し難いものもあるとは思います。

このページの一番下に早見表を置いておくのでぜひ活用してくださいね。


そして、今回インタビュアーを務めてくれるのは、僕がUniverse of Visionaryという企業群体に加入し、ビジネスを始めた時の同期でもある

“まるちゃん”です。

少しだけ流れを説明しますね。

まるちゃんも僕もまだ副業でビジネスを始めたばかりのひよっこの頃に出会いました。

お互いに何も分からず、結果も出なくて苦しかった時からずっと一緒にやってきていた戦友です。

狭いワンルームの僕の部屋に集まって、一緒にミーティングをしたり、お互いにお互いの声が聞こえる状況の中でSkypeで営業業務をしていた時もありました。

時間もお金も無くて、苦しい時を一緒に乗り越えてきた仲間です。

当時は少し結果も出てきたタイミングでまるちゃんが先に会社を辞めて
Universe of Visionaryグループ企業の取締役に入り、グループ全体の利益拡大のために活動を広げていきました。



そして、僕自身もその少し後に会社を辞めて独立したのですが、まるちゃんとは別の道を歩み、Universe of Visionary全体のシナジー効果を高め、

  • 参加者全員が確実に経済基盤を構築できるスキーム
  • 参加者全員がもっと、自分のやりたいことに集中できる環境
  • 参加者全員が本物の自由を手に入れて、夢を追いかけることが出来る環境

を作るために仕組みを強化・構築することにフォーカスして、表舞台からは外れて裏方でスキーム構築に奔走しました。

それぞれやっていることは違っていても、

全ての道はRe:CREATE CULTUREというビジョンの道に繋がっていて、

それそのものがUniverse of Visionaryというアライアンス全体の成長と利益に貢献しているという安心感と信頼がありました。



そして、とうとうです。

今あなたにお伝えしているUniverse of Visionaryという企業群体がこれから5年以内に世界進出し、

を世界に浸透させて、本気で世界を変えていくことに乗り出していくのです!

今回のフィルムでは

「共通ビジョンを成し遂げていくための仲間を募る」

というUniverse of Visionary史上最も大事なメッセージをあなたにしっかりと伝えていくために、

今回誰よりも信頼しているまるちゃんにインタビュアーをお願いした。

ということなのです。

まるちゃん自身はずっと表舞台で活躍してきた人なので、フィルム中での僕の分かりにくい話をわかりやすく丁寧にあなたに伝えてくれることだと思います。

突然、怖い言葉を突きつけてすみません。

ですが、この言葉は冗談でも嘘でもありません。

あなたは知らず知らずのうちにいま洗脳状態にあるかもしれないのです。

『え?洗脳?誰に?』

と思われるかもしれませんが、あなたを洗脳しているのは、

〈日本〉

なんです。

そもそも、あなたが信じている常識は、全て権力者や国に都合の良いように作られたものにすぎません。

ちょっと、あまり実感がわかないかもしれませんがもしあなたが日本にいいようにされ、

【自由のない日々】

を送りたくないのであれば、少しだけ耳を傾けてみてください。

まず、日本に洗脳されている事例はいくつもありますが、

その一つは

『良い高校を出て、いい大学に行って
良い資格を取って、良い企業に勤めれば、生涯安泰・安心』


というような、終身雇用制度という洗脳です。

実際、日本人の雇用割合は89.5%がサラリーマンで、10.5%が自営業
という異常なまでに組織や会社に依存した社会構造になっています。


また現役高校生を対象にした
「将来なりたい職業ランキング」においても、“会社員”という業種が上位を占めている結果になります。

「日本の会社や学校は奴隷の量産工場」

この言葉は世界から見た日本を卑下して言われている言葉です。

あなたも経験しているので知っているとは思いますが、日本の学校は子供たちを採点します。

そして、子供たちの苦手を見つけてそれを正させます。

得意な部分を伸ばすのではなく、苦手な部分を引き上げさせる教育をするのが学校です。

そうすると、子供たちは可もなく不可もない普通の平均的な人間になっていき、子供たちも平均的であることを当たり前であると考えます。


例えば、

日本では数学を教える際に

1+1=〇〇

という問題を出しますが、

世界では

〇〇+1=5

という風に問題を出します。

こうしていくことで子供の自主性や思考を伸ばしていく教育を行うのです。

平均的であることのメリットは、ほどほどに生きていけるということであり、自分が嫌いなものでも取り組み、耐えながら生きていくことができるようになります。

では、なぜ日本はこのような教育システムになっているのか?
その答えは簡単です。

【日本にとってメリットがあるから】

この理由に他なりません。

どういうことか説明します。

日本は戦後、日本を復興するために資金を作る必要がありました。

そこで考えられたのが『国民の正社員化』です。

国民の大半を企業や組織に入れ込むことで国民の収入や税収を管理しようとしたのです。

国民を正社員にしてしまえば、年金や保険料、各税金の納税が給料天引きなどで自動的に行われることで確実な税収を見込むことができます。

だからこそ、

『良い高校を出て、いい大学に行って
良い資格を取って、良い企業に勤めれば、生涯安泰・安心』


という思想を子供の頃から植え付け知らずしらずのうちに洗脳状態にしてしまっているのです。

この事実が私がはじめに”あなたは洗脳されている”と言った言葉の真実なのです。

しかし、この日本の洗脳社会もいまや崩壊寸前です。

というのも、少子高齢化社会やテクノロジー発展による社会の変化により、今までの仕組みでは国も会社も回らなくなってきました。

今までも洗脳するための常識は間違っていながらも何とか社会として辻褄を合わせているように見せていましたが、確実に日本の間違った常識は崩壊してきています。

あなたも薄々気づいているとは思いますが、日本において組織や会社から

『お給料』

を貰って生きていくという仕組みはもうすでに破綻しかけています。

世の中を少し見渡してみればわかると思いますが、”経済的に豊かでお金に困ったことがない”なんて人は本当にごく少数です。

つまり今の日本人は、

総国民貧乏状態

になってしまっているのです。

あなたはここ20年間で日本のGDP
(国内でどれだけ活発に経済活動が行われているのかを表す指標)
がどんな推移をたどっているかはご存知でしょうか?

実は日本のGDPは低迷を続けていて、いまやアジア諸外国の中でも下位に位置付けされている状態なんです。

そしてそれが要因となり労働賃金の伸びも止まってしまっているのが今の日本の現状です。

実際に所得の状況を見てみるとわかると思いますが、

厚生労働省が公式に発表している調査資料

「各種世帯の所得等の状況」

で2017年に発表された資料では、
平均所得金額以下の世帯は61.5%と半数を超えています。

その中で驚くべきは、
国税庁公式発表の

「民間給与実態統計調査結果」

を見てもらえればわかると思いますが、

”年収300万円以下のいわゆる低所得世帯は全体の40.9%に及ぶ”

という事実です。

わかりますでしょうか?

いまや日本人の約2人に1人が低所得者となってしまっているのです。

これだけではありません。

なんとその日本国民総貧乏状態の裏で、”個人資産が33億円”を超えている人が日本で1万人を存在している。

という事実が浮き彫りになってきています。

これはいま日本が超格差社会になっていて、
その格差を埋めることができないという現象が巻きおこっていることに他なりません。

つまり、

「富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる」

それがこの日本が戦後貫いてきた資本主義社会の末路であり、生々しい日本の現状なのです。

そして、近年

【厚生労働省 報道発表資料 年金局】

の議事録で、明確に将来年金だけでは生活が成り立たなくなることが発表され、完全に終身雇用・年金生活という日本の不敗神話が崩壊することを日本政府自身が認めているわけです。

そして、
そんな状況を畳み掛けるように少子高齢化社会という社会問題が加速的に進んできています。

今の社会制度的にはそんな高齢者を支えるのが
現役労働者世代です。

これは一般的には生産人口で表しますが、2065年には生産人口は全人口の約50%になり、高齢者人口が約38%まで増えているという異常事態が起きます。

「2065年ならまだ自分は関係無い?」

と、思われるかもしれませんが、2065年にはあなたの子供や孫がこの影響を直接受けることになるのです。

また、あなた自身にとってもこの社会問題は見過ごすことができないものとなっています。

その理由が、

【2040年問題】

なんです。

2040年問題とは、人口減少問題や少子高齢化問題が発端で国や地方もろとも行政機能が崩壊し、消滅してしまうという問題です。

このように、高齢者の増加に対して、現状の生産人口と既存年金の仕組みだけではまかなうことは到底不可能であるということです。

もはやこの日本は、「テクノロジーの進化」だけでなく、

「国政の機能不十分」・「利権構造」・「資本主義の限界」・「少子高齢化」といった全ての問題が重なり、窮地に追い込まれている状況なんです。

いままで日本で信じられてきた”幸せになるための常識”はもうどこにもありません。

「良い学校に行って、良い企業に就職することが安定した人生」

あなた自身もこんな思想はもう幻想だと分かっているはずです。

今までの常識の裏では、儲かってる企業や個人に富が集中し格差ばかりが広がり、日本国民全体が豊かになっていくというような未来は訪れることはありません。

戦後に国の利益だけを追いかけてきたツケが今生きてるあなたや未来の子供達に回ってきているわけです。

だからこそ、今一度、

ということを真剣に考えなければいけないのです。

そして、悲しい現実ですが、その答えを一番知っているのは皮肉にもこんな制度を推し進めてきた日本政府でしょう。

日本の経済、社会問題、現状、これらを全て把握しているのは間違いなく日本国です。

なので正直な話、これからあなたが豊かな未来を送るためには、

日本政府が推し進める働き方改革に乗っかって、個人で稼ぐしかない

ということなんです。

先程お伝えしたように、今までの日本の常識で言えば、

「サラリーマンは本業に集中すべき副業禁止が当たり前」

というものでした。

事実、掛け持ちで仕事をしている会社員の方はそれほど多くはありません。

しかし、
ここに来て日本政府は

「働き方改革」

として副業解禁の流れを作りました。

これを受け、社員の生活や人生に危機意識を高く持っている企業
(日産自動車やリクルートなど)を中心とした大企業も次々と副業を解禁しています。

これは、
『もう国家自身が一つの企業や組織に属して【給料】という形でお金をもらう仕組みが崩壊しました。』と、宣言しているようなものなんです。

そして、この副業解禁の流れはいまや少しずつ浸透してきていますが、ここに来て、またさらなる問題が発生してきているのです。

それが、

です。

国が副業推進を推し進める少し前からこの日本の現状に気づき危機感を持った人たちはメインの仕事の収入とは他に、

『副収入』を模索し始めました。

そして、多くの方がその副収入を目当てにネットビジネスに取り組み始めたのです。

しかし、現状は悲惨なもので、ネットビジネスに取り組んでいる人の95%以上は

『稼げないどころか詐欺まがいの業者に騙される』

なんてことになってしまっているのです。

もちろん、これはネットビジネスに取り組んだ人の努力不足ではありません。

私自身、職業柄多くのネットビジネス経験者の方を見てきましたが、だれもが勤勉で真面目でまた努力も欠かさない人でした。

ただ、
『稼げない、騙された、成果が出ない。。』
そんな声は止むことはありませんでした。

では、そもそも

なぜネットビジネスが稼げないのか?

というところですが、まず、ネットビジネスにも色々あります。

これらのネットビジネスは今やネットで調べればやり方はいくらでも出てくるし、すぐに自分で実践して取り組むことも可能です。

ただ、これら簡単さに漬け込んで多くの詐欺業者がネットビジネスを餌にして儲けようとしているのもまた事実なのです。

あなたも

「一日5分のコピペ作業で月収50万円」
「横流しするだけで月収100万円の転売」
「いいね!を押すだけで毎月10万円」


なんて謳い文句の広告を目にしたことがあるとは思いますし、もしかすると、こんな言葉に騙されて取り組んだこともあるかもしれません。

ですが、これらの広告を真に受けてネットビジネスを始めても稼ぐことは決してできません。

さらには、稼ぐどころか高額な商品を売りつけられて大事なお金をむしり取られてしまうことすら少なくはないんです。

また、ネットビジネスで稼げないのにはちゃんとした理由があるんです。

もちろん、いろいろと理由はありますが、最大の理由としては、『市場のシェアが既に独占されている』ということがあげられるでしょう。

詳しく説明すると、取り組んでいるネットビジネスのシェアが奪われていることに加え、参入している企業や個人が多すぎてレッドオーシャンになっていることです。


アフィリエイトを例にすると、同じような記事を書いている人はたくさんいますし、当然強大な影響力を築いているインフルエンサーには太刀打ちできません。


また、アフィリエイトだけでなく転売も同様に、個人でやっている様に見えて実は会社の一事業として取り組んでいる所が多いので、既に抱えている読者や顧客、仕入先・人脈によって商品や情報、報酬のシェアが奪われているのです。


だからこそ、ネットビジネスに取り組み個人でゼロから構築し、大きな利益や成果を得ようとするのは時間と努力を相当要するどころか【ほぼ無理】と言っていいでしょう。


実際に取り組んだ人ならわかると思いますが、利益が発生しない上に自分の人生の大切な時間が奪われるだけの結果に終わってしまうことが大半です。


そして、そうなると人は次に投資を始めるようになります。

ただ、これはさらに最悪の道に進んでいるといっても過言ではありません。

というのも、投資に関して日本人は「なにもせずに大金を稼げるもの」というイメージを抱いていますが、これは本当に大きな間違いです。

投資ほど、【知識・時間・勉強・スキル・人脈・経験・労力・センス】が必要な稼ぎ方はありません。

そして、実際にはそれらの要素が足らず99%以上の人が初期資金を溶かし投資から撤退してくのです。

では、根本的に『なぜ投資が稼げないのか?』というところを説明してきます。

まず、投資にも様々な種類があります。

これらはネットビジネス同様調べればすぐに出てきますし、すぐに取り組むことができます。

ですが、やはり利益につながることはないでしょう。

そもそも、投資は原理がパイの奪い合いなので、元本が小さいだけでなく、『参入者が多ければ多いほどに』そして、『後から入った人ほどに』儲けは小さくなり、損をする確率が高くなります。

また、投資の世界では『1万時間勉強してからスタート』という言葉があるように、常人では理解し得ない努力が必要となります。

それこそ、医者になる方が簡単だとも言われている世界なんです。

さらには、時流の情報を掴むスピード、世界経済、運やタイミングなど、さまざまな要素が絡み合い成果につながるものなので一個人が簡単に利益を出せるようなものではありません。

そして、ここでいい機会なので説明しておきますが、

最近流行っている

仮想通貨や仮想通貨のICO

などでも決して稼ぐことはできません。

暗号通貨やブロックチェーン技術は素晴らしい発展を遂げているのですが、仮想通貨自体に投資して稼ぐことはもうできませんし、仮想通貨を利用して“儲かる側面”を見せ悪用するICOも後を絶ちません。

せっかくなのでICOでは【決して利益が出せないカラクリ】をあなたにお伝えしておきます。

下の図を見てもらえればわかると思いますが、

ICOは最初期の情報を手に入れられるICO発起人の身近な人やその情報を手に入れられる投資家でしか利益がないようになっているんです。

わかりますでしょうか?

投資の世界は、それこそTHE資本主義の世界なので、
資産や情報を持たぬ者が“個人”で勝つのは土台無理な世界です。

ここまで聞いていると、『じゃあもう稼ぐ方法ないじゃん』とあなたも思ってしまうかもしれません。

ただ、よく聞いてくださいね。

ちゃんとあなたが資産を構築して自由な人生を手に入れられる道はちゃんと存在しているんです。

それが、

『ビジネス』

です。

ネットビジネスじゃないですよ。

ここで言うビジネスとは個人で起業し自分で事業を行っていくことになります。

もちろん、普通にビジネスを始めれば簡単に成功することはできません。

勘違いしないでいただきたいのは、ビジネスもすごく難しいものだということなんです。


実際、一般的に“起業”とはとても成功率が低く、全体から言うと10年以内に約90%が失敗し、倒産しているのが現実です。


・会社設立5年後の存続率…14.8%
・会社設立10年後の存続率…6.3%
・会社設立20年後の存続率…0.4%
・会社設立30年後の存続率…0.021%


本当に厳しく、立ちはだかる壁が大きい世界ですが、やはり、
本当に人生を変えて自分の日々を最高のものに変えていくためにはちゃんとビジネスに向き合い取り組むことが最短最速の道となるんです。

ビジネスで成功すれば一般では考えられない程の収入を手にすることができますし、

さらには、時間やライフスタイルも自分で決めていくことができるんです。

僕自身も起業し、
ビジネスして成功することで救われた人間です。


ビジネスとは人と世界を豊かにする素晴らしいことなんです。

ただ、今のあなたが

『じゃあビジネスやってみよう』

と取り組んでもさすがに成功率が低すぎるので

まずは、

なぜビジネスが成功しにくいのか?

というところを知ってください。

ビジネスに取り組んだ人の90%が成功しない理由には絶対的な共通点が存在しています。

それは3つのあるものが不足していることです。

あまりもったいぶっても意味がないのでバシッとあなたにお伝えしていきます。

Chapter1のフィルム中でもお話していますが、ビジネスを行うに当たって、

ヒト・モノ・カネ

この3つのどれか一つでも欠けていると成功することは絶対にできません。

京セラやKDDIといった大企業の創業者である稲盛和夫氏も

「ヒト・モノ・カネが一番大事である」

という名言を残されているほど、このヒト・モノ・カネが成功の全てと言っても過言ではありません。

なぜ、それほどまでにヒト・モノ・カネが重要なのかに関してはChapter2以降でしっかりとお伝えしていきますが、

まず、知ってもらいたいのは、
今回あなたに、

はじめにもお伝えしていますが、Re:CREATE CULTUREとは、

「既存の文化を創り変える」

ということです。

ここで宣言しておきますが、

僕は

今の日本の肩書きや出身・経歴が全てで夢を押し殺し、権力者や既得権益者にとって使い勝手の良い平均的な奴隷を量産するための教育や常識を変えて、

万人が夢を追いかけて自分の人生に熱狂することができる世界に変える。

そして、成功と幸せの連鎖を繋ぎ、世界平和を実現します。


その第一歩として、
4年をかけて完成させたヒト・モノ・カネを提供し、どんな人でも成功できる仕組みをあなたに共有します。

僕やインタビュアーのまるちゃんが所属し一年で30億円を生み出すまでになった

Universe of Visionary


という企業群体。

この企業群体では

ヒト・モノ・カネ

つまりは、

人財・システム・資金

の全てを提供することによって、

たった一つのことに集中するだけで一生涯お金に困ることのない人生を手に入れられる事ができます。

そのスキーム自体も僕がすでに構築済みです。

だからこそ、
今回のフィルムを通して、あなたは本当の自由を手に入れてください。


ここでいう本当の自由とは?

場所・時間・選択・人付き合い・お金

など、あらゆる制限から解き放たれることが自由です。



このほんとうの自由を手にしたあなたは無限の選択肢を手に入れて好きなように生きることができるんです。

もちろん、今の段階で
『全てを信じてください』
なんてことを僕は言いません。

ですが、
これからお見せしていくフィルムで僕はあなたに

『ここなら自分の人生を変えられる』

と思わせられる自信があります。

なので、しっかりとついてきてください。

そして、まずは自分自身の理想の未来を明確にイメージしてください。


日本一の資産家となったSoftBank孫正義社長もインタビューでこのように言っています。

この孫さんの言葉は世間一般では

引き寄せの法則

とも呼ばれていますが、
人間にとってイメージすることがどれほど大事かはわかってもらえると思います。

もちろん、そのイメージが具現化するための全てを僕はあなたに提供します。

だからまずは知ってください。

僕らの情報を受け取ってください。

僕は思います。

きっと世界は変わり始めている

と、


■テクノロジーの進化
■A.I時代
■日本国民総貧乏状態


世界にはネガティブで不安なニュースが溢れています。

しかし、そんな変革期を迎えるたびに人々はその問題を乗り越え、
発展してきました。

僕やUniverse of Visionaryの仲間達は、
人々の底力と可能性を心から信じています。


だからきっと今この時代の変革期も乗り越え、世界を変えられると信じていますし、もうすでに変わり始めています。


何故なら、
僕やUniverse of Visionaryはこの変革期を乗り越え、次の時代に進む準備をしてきたからです。

貧困暴力は権力者による利権と制限の歪みから発生します。

その歪みから抜け出し、
あなた本来の人生を取り戻すことで世界は変わっていきます。

だからこそ、このUniverse of Visionaryを急拡大し、
幸せの輪を広げていくためにも、仲間になってほしいです!

もちろん、ただ「僕達の手足になれ」という話ではありません。

僕達はこのビジネスを爆発的に拡大し、世界を変えることが目的です。

そのためにも人生を好転させたい全ての人に成功してもらう必要があります。

あなたが経済的に成長し、余裕を持って自由な選択肢の中で夢を叶えることができるようになり幸せを手にします。


そして、あなたのような人が一人でも多く増えれば幸せの連鎖が起き、着実に世界は変わっていくでしょう。

あなたも幸せ、
僕たちは夢を叶えられて幸せ、
そして世界も変わっていくことができる。

つまり、

win-win-win(あなた-僕達-世界)

なのです。


本編のフィルムでは、
インタビュアーに旧知の戦友まるちゃんを呼んでこの壮大な計画の全貌をお伝えしています。

Chapter1用語集
スキーム 枠組みを伴った全体的な構想や仕組み
アライアンス 同盟・企業群体 (異なる企業同士が協力し合い利益を生み出す為の関係)
因数分解 物事をわかり易く小分けにする
バックグラウンド 物事を取り組む事情や背景
潜在的 内側に隠れて存在していること
既存 既に存在していること
エージェント 仲介業者、代理店、代理人
昇華させる 物事をより高い次元のものにすること
ノウハウ 物事の方法や手順に関する知識
メンター 仕事上の先導者、助言者
エスカレート式 流れに乗ってステージが自動的に上がっていく方式
シナジー効果
(相乗効果)
ある要素が他の要素と組み合わさる事である要素単体で得られる以上の結果を生み出す事。
終身雇用制度 サラリーマン(従業員)を入社から定年退職まで雇用する制度
レッドオーシャン ライバルが多く、競争率が高い市場
ブルーオーシャン ライバルが少なく、競争率が低い市場
インフルエンサー 世の中(世間)に対して大きな影響力を持っている人。
芸能人や経営者に限らず、SNSでフォロワーや反応が良い人も含めてそう呼ばれる。
バイナリーオプション 値段が上昇するか、下落するかを予想して、その結果によって、利益、損失を確定する為替金融取引
仮想通貨 紙幣や形が存在しないデジタル通貨の一つ。
代表的な例:ビットコイン、XRP、ETH
ICO
(Initial Coin Offering)
企業やプロダクトチームが仮想通貨の発行によって 資金を調達する方法
コメント0件